オールインワンゲルには、合成成分を使っている商品もあります。
肌にとって刺激になるものなので、選ぶときに注目したいポイントです。

スキンケアをはじめる前に見ておきたい副作用やリスクについて紹介しましょう。

合成成分不使用アイテムを選択

オールインワンゲルとは、化粧水、乳液など複数の役割を担ってくれるケア商品です。
とても便利な反面で、合成成分が不安になります。

水と油は、そもそもはくっつかないもの同士です。
これを1つにまとめるため、界面活性剤を使うことがあります。

geev(ジーヴ)に限って言えば、刺激になりうる合成成分を一切排除。
合成着色料、パラベンなどをあえて使わず、副作用リスクを軽減する配慮があります。

商品情報の中に合成成分についての記載があることは、リスクヘッジとして重要なチェックポイント。
大切な肌を守るためにも、購入前に調べておくと安心です。

肌荒れがひどくなるのは副作用?

どんなに良いケアアイテムでも、肌に合わない方はいます。
一時的に乾燥が悪化したり、ニキビができてしまったり。
いつもと違う反応があると副作用が不安になります。

ケアアイテムとの相性を見極めるには、一定期間の継続が基本です。
ただし、拒否反応を起こしていない前提でのお話。

つけてすぐ刺激を感じる、ヒリヒリしてきたなどの違和感があれば、一旦中断して様子を見ましょう。
肌の弱い部分に刺激がでやすく、目の周りや口周りの違和感にも注目します。

ケアとの相性は体調にも左右される

使い始めてすぐトラブルがでなかった場合でも、ある日突然合わなくなるリスクはあります。
geev(ジーヴ)のようにやさしい使い心地を追求したケア商品でも、コンディションによっては結果が変わることを理解しましょう。

たとえば、ひどく日焼けした直後です。
肌が傷ついたところに少しでも刺激を加えると、状態が悪化するリスクがあります。
いつもより量を控えめにする、頻度を控えるなど、スキンケアを続けるごとに自分に合った使い方が見つかるはずです。

どうしても不安に感じることがあれば、カスタマーセンターに相談するのも一案でしょう。
お手入れ当日のコンディションと気になる症状を伝えると、適格なアドバイスを受けられます。

全ての人にぴったりのケア商品はない以上、実際に使いながら相性を見るより他ありません。
geev(ジーヴ)の場合は、初回89%オフでお試しできる制度があります。

使い心地を確かめて、継続するか見極める流れがおすすめです。